Nikon COOLSCAN LS-5000ED

photo-1

人知れずひっそりと市場から姿を消した商品、その一つが「フィルムスキャナー」だ。かつてはニコン、キャノン、ミノルタ、オリンパスなどの光学機器メーカーが一般ユーザー向けの製品を数多く発売していたが現在ではすべてカタログから消えた。

一見すばらしい、と思える商品やサービスでも実際に使ってみると色々と問題があって世の中に受け入れられないことがある。フィルムスキャナもその一つの例だ。画質はすばらしい。しかし実際には想像以上に手間と時間がかかり、簡単にスイスイとはいかないのだ。

家には膨大なフィルムがある。フィルム写真のデジタルスキャンはパソコンの使い方としてはたいへん魅力的でデジタルマルチメディアの見本みたいなものだ。たくさん撮ったフィルム写真をキレイに残したい、という願望は多くの人に共通だろう。家に膨大な数のフィルムがあるので早い時期からフィルムスキャナを購入して、このモデルで3台目だ。スピードは少しずつであるが着実に進化していたが、結局最後まで使い勝手は劇的にはよくならなかった。

古いフィルムは1本1本コンディションが異なる。ひじょうに調整幅の大きなコントロールソフトでほぼ完璧な画質のスキャンは可能であるが、フィルム1本スキャンするのに1時間以上かかりっきりになる。1日3〜4本が集中力の限界だ。ずいぶん作業をこなしたが最後は挫折した。フィルムをデジタル化する、という目的を達成するために結局はフィルムは写真屋に出してCD-ROMに焼いてもらうサービスを使うことにした。

#Clipboard01

 

現在、海外製や低価格の簡易型フィルムスキャナが販売されているが、低価格のものは画質は良いとはいえない。どうしても家でスキャンしたい、ということであればエプソン、あるいはキヤノンのフラットベッドスキャナにフィルムアダプターを装着してスキャンする方法がある。専用フィルムスキャナよりかなり使い勝手は良いが画質は若干落ちる。何よりも大きなスペースを占有し、すばらしく便利、というわけでもないので決定打とはならない。

ニコンのスキャナは32bit版のウィンドウズ専用だ。ほとんど出番はないのだが、このスキャナを動かすためだけに古いウィンドウズ7が動くPCを残し、時々思い出したように必要な写真を処理する。家族との写真は何者にも代えがたい貴重なものだ。

photo-2

 

 

COOLSCAN 5000 ED
発売・2003年11月
価格・オープン(当時12万円前後)

2016-05-04 | Posted in Goodbye Again1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 有本善良 | 2016.05.14 22:57

再開を待ちかねていました!fbで流れ去って行く記事をもったいないと思っていました。興味深い記事、楽しみにしております。

Comment





Comment