SONY ネットワークウォークマン NW-MS9

photo-4Bjpg

当時は出張にはポーターブルCDプレーヤーを持って出た。このころにはすでにゼンハイザーの密閉型ヘッドフォンHD-25も持っていたはずだ。とはいっても熱心なアウドドアオーディオユーザーだったわけではなく、ソニー、ディスクマンを出張のカバンに入れるのはよほど遠くへ行くときだけだった。

2000年12月、ネットワーク・ウォークマン SONY「NW-MS9」発売。最先端のメモリーオーディオプレーヤーだ。しかしこれを持ち歩くつもりもほとんどなかった。メモリースティックの収録時間は1時間程度で、メディアはたいへん高価。CD 10数枚程度の音楽を持ち出すには実用的ではなかった。なぜ購入したかと言うと、まあそれは新しいトレンドへの関心、言い換えれば「話のネタ」ということになる。人に見せて「時代は変わるよね」と言えれば十分だったのだ。しかし、現在の目でみると当時は思いもよらなかった感慨がある。

この1年後の2001年末アップルiPodが発売される。そしてその後数年で世の中がどう変わったかはご存じの通りだ。アップルはめざましい躍進を遂げ、ソニーはこのフィールドでの主導権を失った。

 

photo-5B

 

NW-MS9はそれまでのポータブル機器よりはるかに小型で軽量。それでちゃんとしたサウウンドが再生できる。すばらしい品質感覚、精密感。取り外しのできるガム型電池とメモリースティック。過不足のない青い液晶の情報表示窓。ストラップを取り付ける環状金具。すべてが丁寧に考えられている。まさに日本製らしい設計。カリフォルニアデザインのアップル製品と見比べるとこの製品は日本人が企画し設計した、ということが一目でわかる。ソニーデザインの一つの典型だ。ガム型電池をフル充電すると約10時間の連続再生が可能だ。

2016-05-26 | Posted in Goodbye AgainNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment