toggle
2020-01-24

ボブ・シーガー/Ultimate Hits:Rock and Roll Never Forgets(2011年)

シボレー・コルベット C1 (1958年モデル)

何も言うことはない。このジャケットで決まりだ。写真のように見えるが実際はリトグラフ。クルマはアメリカ車として初の本格的スポーツカー初代シボレー・コルベットC1。大幅な改良がくわえられた1958年モデルだ。ボンネットに腰掛けロードクロッシングの前で果てしなく長い貨物列車が過ぎるを待つ。物思いにふけるボブ・シーガー。クルマと音楽が対話するカージャケアルバムの傑作だ。

このアルバムは2011年にリリースされたボブ・シーガーの2枚組ベストアルバム。1961年からの長いキャリアの中から26のベストソング収録されている。このアルバムは売れに売れてダブル・プラチナ200万枚~を記録する。まさに国民的シンガーなのだ。媚びない、飾らない。大物アーティストにありがちなスペシャル版や記念盤の類は全くない。このアルバムのタイトルは「究極のヒット~Rock and roll never forgets」これ一枚で彼の足跡がトレースできる。

それにしても日本では人気がない。70年代後半から80年代にかけてトップ40を聴いていると実にたくさんのヒット曲があり馴染みが深いはずだが、とにかく日本では名前が出ない。日本語版のWikipediaを見ると愕然。解説が一切なくアルバムだけが列挙されている。シングルの記述もヒットの記録も一切なし。こんな有名アーティストはいない。もはや項目が存在するだけで感謝しないといけないのか。

76年の「Night Moves 」78年の「Still the Same 」80年の「Against the Wind」、すべてこのアルバムに収録されている素晴らしい大ヒット曲だ。「日米格差ナンバーワン・アーティスト」の称号さえあるボブ・シーガー。今はストリーミングで古いアルバムを高音質で聴くことができる時代になった。ぜひこの3曲、いやこのベストアルバムにある曲を丹念に聴いてほしい。

ジャケットにあるまるでヨーロッパ車のようなスマートなクルマはシボレー・コルベットの初代モデル。戦争中イギリスでブリティッシュ・スポーツカーに触れたアメリカ人がチャレンジしたアメリカ初のスポーツカーだ。1954年の登場当時は思うような人気が出なかったが改良を重ね、この写真の58年型あたりから少しずつ売れるようになった。「スティングレイ」スタイルになるのは63年の2代目からだ。このクルマもまたアメリカン・スピリットを具現化している一台だ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。