toggle
2020-07-12

ザ・バンド / THE VERY BEST OF THE BAND (1998年)

シボレー・アドバンス・デザイン (1947~55年)

イギリスEMI編集のザ・バンドのベストアルバム。マスタリングはアビーロードスタジオで行われたと書いてある。打ち捨てられた古いシボレー・トラックのセピア色の写真。思わず目を引き付ける雰囲気あふれるアルバムジャケットだが、たぶんザ・バンドのメンバーは選曲やデザインにはタッチしていない。リチャード・マニュエルが自死を遂げてからこの時ですでに10年だ。音楽とクルマの関係を探るこのシリーズ、アーティスト本人がタッチしていない企画モノ、ということで躊躇したが、写真としての素晴らしさに免じて掲載だ。撮影はエリック・ランク。撮影場所はアメリカには間違いないだろうが、どこかは分らない。

伝説の解散コンサート「ザ・ラスト・ワルツ」から今年で実に44年。びっくりするほど昔の話になってしまった。そういえばロビー・ロバートソンはどうしているのか、と調べると昨年に自伝映画をリリースしていた。監督は映画「ザ・ラスト・ワルツ」の名匠マーティン・スコセッシ。この映画は日本では劇場公開されなかった。そうだろうなあ。アメリカ版のブルーレイでも取り寄せて見ようかと思う。Youtubeにアップロードされているトレーラーの中の姿を見て、一瞬誰だか分からない。そうだね。ずいぶん長い間、気に留めていなかったよね。このベスト・アルバムの曲のいくつかはポータブルプレーヤーでいつも聴いていたんだけどね。

ガラスは割れ、フェンダーがつぶれているこのクルマはシボレーの戦後初設計の中型トラック。ベストセラーモデルとして売れに売れた。そういえばアメリカ映画でよく見かるようなカタチだ。いろいろなところで目にしているのだろう。

第三者がセレクトしてかぶせたジャケット写真。しかし、ザ・バンドの持つ雰囲気を実に良く表現している。セピア色の写真の中でひどい扱いを受けているシボレー、しかしその存在感は絶対的で、威厳すら感じる。彼らの音楽は今でも通用する。「ラスト・ワルツ」で解散するまでの全アルバムは現在ストリーミングで聴くことができる。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。